業務用省エネ照明

省エネ法は、石油危機を契機として昭和54年に、「内外のエネルギーをめぐる経済的社会的環境に応じた燃料資源の有効な利用の確保」と「工場・事業場、輸送、建築物、機械器具についてのエネルギーの使用の合理化を総合的に進めるための必要な措置を講ずる」ことなどを目的に制定されました。省エネ法の規制対象は企業単位で一定規模以上のエネルギーを使用している事業者が対象になりますが、電気関連では照明設備等での対策を講ずる必要があります。例えば、省エネ型蛍光灯の採用、不要時間帯消灯、照度適正化などの対策が考えられます。

「省エネ」「長寿命」「コスト削減」など、従来の照明に比べて様々なメリットがあります。

施工例

エヴァライトの採用により従来点灯に時間がかかっていた水銀灯に比べ瞬時に点灯、再点灯ができ明るさが向上したと評価をいただいております。また、省エネ効果もあり、長寿命であることに大いに期待をしているとのことです。

お客様の声

お問い合わせはこちら
  • お客様の声
  • 個人の皆様へ
  • 法人の皆様へ
  • 業務実績のご紹介
  • スタッフ紹介
  • Topics
  • スタッフブログ