太陽光発電

20年以上のお付き合いになるので、地元の安心できる業者にお願いした

4kwタイプのごく普通の太陽光発電が積算発電量5000kwhを達成しました。発電開始から10月20日、予想以上に早い達成であった。

5000kwhとは月平均使用量800kwhのお宅にあっては電気料が約半年間、「ただ」になる計算である。実際には太陽光発電は都度自宅の消費電力に回されて残った発電量が中部電力さんへ売電されることになる。この間の我が家の売電量は3300kwh、売電額は¥88,000と大いに助けられた。特に昨年11月から電力会社の買い取り価格が2倍に改正されたことやグリーン電力の導入、補助金活用などによって設置しやすい状況は整いつつある。

設置に際して特に注意したいことは確実な工事をし、後々までメンテナンスをしてくれる工事会社を選ぶことだと思う。なぜなら太陽光発電は屋根上という過酷な条件下にありながら20~30年と長期間確実に発電し続けねばならないからである。私は、経験豊富で信用のある松本市の西電設工事株式会社にお願いした。お陰で太陽光パネルはリフォーム部分の屋根と増築部分の屋根になじみながら発電し続けている。

【松本市M様】

お問い合わせはこちら
  • お客様の声
  • 個人の皆様へ
  • 法人の皆様へ
  • 業務実績のご紹介
  • スタッフ紹介
  • Topics
  • スタッフブログ